港北都筑の富士塚めぐり【続編】 2012.06.07(木)晴

前回工事中のために登られなかった川和富士を再訪する【続編】です。

 川和富士(標高74m)は「都筑の三富士」の中で最も規模が大きく立派です。
 麓に立つレリーフの案内板には、「川和富士塚は江戸時代後期にここから数百メートル北西の伊勢原森の頂上に造られたが、港北ニュータウン事業に伴い現在地に復元された」との旨が記されています。

 前回は目の前を工事用の金網フェンスで囲まれていた東側の登拝口です。 
画像

 やがて山道はらせん状の坂に合流し、右回りに登ります。
画像

 壁には点々と昆虫や小動物が描かれています。麓から頂上まで順に、カブトムシ、カタツムリ、カマキリ、カミキリムシ、モンシロチョウ、クワガタ、トカゲ、ミツバチ、アマガエル、トンボ、アゲハチョウ、カブトムシ、トノサマバッタがいますが、なぜかカブトムシだけが2回登場します。
画像  画像

 山腹の南西向き階段の傍らでは花が咲いています。
画像

画像

 川和富士頂上からの360度の展望を右回りに並べます。
 まずは北ですが、港北ニュータウンの街並みが広がります。
画像

 東は都筑工場の青白煙突です。
画像

 南はみなとみらい、その右では横浜ベイブリッジの航空灯火が点滅します。
画像

 西は大山・丹沢の山影は見えますが富士山や南アルプスは霞んでいます。
画像

 南東方向のみなとみらい21街区を引き寄せます。
画像
 なお、北西にある奥多摩の山々や、北東にある都庁は霞んで見えません。

 ”会心の一枚”は、噴煙立ち上る川和富士の西面です。(写真をクリックすると大判になります)
画像

 北面には、麓から頂上まで直登する手すり付きの階段があります。
画像

 最寄り駅の横浜市交通局グリーンライン・都筑ふれあいの丘駅です。
画像

<付録>
 駅前にある都筑プールの外観は、この地の富士塚を模したのだろうか。
画像


 前回の記事は下のリンクから、どうぞ。

<関連記事>
港北都筑の富士塚めぐり 2012.06.05(火)曇