富岡総合公園 2021.03.31(水)快晴

 横浜市金沢区にある富岡総合公園へ、桜の名所として名を馳せるとのことで初めて訪れます。  この場所には、かつて日本海軍の基地「横浜海軍航空隊」があり、戦後は米軍に接収されて富岡倉庫地区と呼ばれたとのことです。1971年(昭和46)に返還されて、1975年(昭和50)からその一部が公園として公開されたそうです。都市公園としてはかなり…

続きを読むread more

馬場花木園(入江川右支流せせらぎ緑道経由) 2021.03.26(金)快晴

 鶴見区西部にある馬場花木園へ、春の花木を観に行きます。その前に入江川右支流せせらぎ緑道の花木を探します。  緑道の入口は、建功寺の参道入口脇にあります。緑道へ入ってすぐ振り返ればバラ科・染井吉野(そめいよしの)が満開です。  前を走る市道85号は、通称 水道道(すいどうみち)と呼ばれます。  染井吉野の前景はバラ科の西洋…

続きを読むread more

九品仏川緑道 2013.03.24(水)快晴

 九品仏川(くほんぶつがわ)緑道は全長約1.8km、桜の名所とのことで初めて訪れます。    九品仏川緑道は、その名のとおり九品仏川を暗渠にして整備されたそうです。かつての九品仏川は浄真寺(通称 九品仏)の裏を流れていて、世田谷区と目黒区の区境を流れ、東急大井町線・緑が丘駅の南東側で呑川(のみがわ)に合流していました。 注.呑川は東…

続きを読むread more

三ツ池公園 2021.03.18(木)快晴

 県立三ッ池公園へ、早咲きのバラ科の桜を観に行きます。染井吉野(そめいよしの)の満開は数日後になりそうですが、4年ぶりの訪問です。  北門から入園すると、その先に案内図があります。(写真をクリックすると大判になります)  野球場とテニスコートに近い園路脇で咲くのは、早咲きの筆頭 おかめ桜です。  下の池の畔で咲くのは、…

続きを読むread more

新横浜駅前公園 2021.03.15(月)快晴

 新横浜駅前公園で見頃を迎えたとのことから、バラ科の横浜緋桜(よこはまひざくら)を観に行きます。地元横浜生まれの早咲き桜です。  最寄り駅のJR新横浜駅から向かう途中にある街路樹バラ科のおかめ桜は終盤です。なおこの場所は、新横浜3丁目20番地と21番地の境目です。  すぐ北側にある新横浜駅前公園は、鳥山川の右岸に沿って細長く…

続きを読むread more

四季の森公園 2021.03.11(木)快晴

 県立四季の森公園に、早春の花を探しに行きます。  最寄り駅はJR横浜線・中山駅南口です。駅の南側を走る青砥上星川線から公園北口へと続く四季の森公園プロムナードで咲くのは、モクレン科の辛夷(こぶし)です。  同じくツバキ科の藪椿(やぶつばき)です。  公園北口へは徒歩15分で着きます。  里山花壇ではユリ科のカタ…

続きを読むread more

新羽の西方寺 2021.03.09(火)曇

 新羽(にっぱ)の西方寺(さいほうじ)にバラ科の中日桜(ちゅうにちざくら)を観に行きます。早咲きの桜で、ちょうど春の彼岸の時期に咲くことから「中日桜」と名付けたそうです。  最寄り駅の横浜市営地下鉄ブルーライン・新羽駅から西方寺まで徒歩4分です。  中日桜は、参道の左側にある駐車場で咲いています。  参道には花…

続きを読むread more

大倉山公園梅林 2021.03.03(水)快晴

 昨年の大倉山観梅会は一部が縮小されましたが、今年は完全に中止となりました。横浜市歴史博物館のあと訪れます。  横浜市営地下鉄ブルーライン・センター北駅から新羽駅へ移動し、大倉山公園へ向かいます。  新羽駅から最も近い地蔵坂を上ります。坂名の由来は左の地蔵堂です。  この経路の他には記念館坂、オリーブ坂、裏山の坂があります…

続きを読むread more

横浜市歴史博物館(横浜の仏像展) 2021.03.03(水)快晴

 都筑区にある横浜市歴史博物館で、1月23日から3月21日まで開催中の特別展「横浜の仏像」展を観に行きます。副題は「しられざる みほとけたち」です。  主催者によると、「本展は横浜市域に伝わる仏像を総合的・体系的に紹介する初めての展覧会。半世紀におよぶ文化財調査の成果に基づき、平安・鎌倉時代の仏像を中心に、新発見・初公開の“しら…

続きを読むread more